二重手術の価格帯

二重手術には2種類あり、埋没法であれば5万円から10万円程度、切開法であれば20万円から30万円程度で施術を受けられます。

手術後における注意点

術後は普段どおり生活できます?

普段どおり生活して構いませんが、極力まぶたが心臓よりも高い位置に来るように、座った体勢で安静に過ごしてください。

術後のまぶたは冷やしてもいいですか?

術後には1週間程度まぶたが腫れる可能性が高いので、無理のない程度に保冷剤で冷却しましょう。

術後は飲酒や運動をしても問題ありませんか?

術後はまぶたが炎症を起こすので、血行を促進させる飲酒や運動、熱いシャワーは控えてください。

術後に生活の中で注意することはありますか?

まぶたに負担をかけると炎症が治まるまでに時間がかかるので、長時間下向きの体勢を続けないように注意してください。

術後はメイクをしてもいいですか?

アイメイクはまぶたに負担がかかる上に、傷口に細菌が入る可能性が高くなります。まぶたが炎症しているうちは、アイメイクは控えてください。

簡単に二重になれる

目元を触る人

販売されているテープや専用の接着剤を使えば、自宅で一重を二重にすることは可能です。そのため、人前にでるときは二重になるために、それらを使って一生懸命努力をしている方も多いはずです。もしも、毎回二重にするのに疲れているのなら、美容系のクリニックを訪れて、一重を二重にしてもらえる手術を頼んでみましょう。二重手術をすれば、すぐに一重まぶたから卒業できるため、今まで行ってきた努力をせずに済むようになります。たった一日の手術で、これから努力をしなくてよくなるので、面倒だと感じているのなら是非とも受けてみましょう。普段からテープや専用の接着剤で二重にしているのなら、手術をしたとしても周りに悟られてしまうことはないはずです。

明確なイメージが大切

眼

一重まぶたが二重になれば満足だという方は少なく、ほとんどの方は『理想通りのまぶたになりたい』と考えるでしょう。そのため、自身がどのような二重手術を望んでいるのか、イメージを明確にする必要があるのです。ドクターに提案された二重が望み通りとは限らないので、なりたいまぶたをしっかりとイメージして伝えるようにしましょう。写真やイラストを使えばイメージを伝えやすいので、ネットで探すなり描くなりしてドクターに見せるとよいです。

プチ整形から始めてみよう

女性の目元

数多くの種類が用意されている二重手術ですが、手軽さを求めるのなら、ほとんどの美容外科で提供されているプチ整形を選んだほうが無難です。プチが付くほうの整形はメスを使った二重手術とは違って、短時間で終わり費用もあまりかからないため初めて一重まぶたを二重にしてもらう方におすすめできます。プチ整形は時間が経つと一重に戻ってしまうことがあるので、そのときはメスを使った手術を受けて、半永久的な二重を手に入れるとよいでしょう。

広告募集中